other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

『りすとかえるのあめのたび』うえだまこと★サイン本

¥1,760 税込

送料についてはこちら

『りすとかえるのあめのたび』 文・絵:うえだまこと ★サイン本・絵柄はそれぞれ異なります。 《出版社の紹介文より》 りすとかえるは、旅をする約束をしていましたが、りすはこんな雨ふりじゃ旅にはいけないと思っていました。ところが…「雨の日って素敵だね! こんないい日に旅にいけるなんて!」とかえるがりすをよびにきたのです。…雨の中、舟を出すふたり。なにげない1日が愛おしくなる、りすとかえるの雨の日のおはなし。 ◎絵本原画展 2022. 7/21(木)〜8/1(月) URESICAにて原画展を開催します。 ※火水休み ◎特典 新聞『雨にまつわるいくつかのこと』をお付けします。広げるとA2版のポスター(4つ折りでお届け)裏には植田さんによる4つの書き下ろしコラムが掲載されています。 装丁:中嶋香織 発行日:2022年6月17日 出版社:BL出版 仕様:220×260mm/32p/上製本 植田真(うえだまこと) 1973年生まれ。画家。『マーガレットとクリスマスのおくりもの』で日本絵本賞を受賞。おもな作品に、『スケッチブック』、『まじょのデイジー』、『おやすみのあお』、『ぼくはかわです』、『えのないえほん』(作・斉藤倫)、『りすとかえるとかぜのうた』など。さし絵・装画も多く手がける。 http://www.silentphase.com