{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

『さかなをたべたあとのほね』加藤休ミ

¥440 税込

送料についてはこちら

『さかなをたべたあとのほね』 作:加藤休ミ 鮮魚→料理→食後(ほね)と時間の流れを魚に見る面白さ! いろんな魚の骨、太い骨、細い骨、とっても細い骨。 逆から読んで、なんの魚か当ててみるのもいいですね。 このリアルな絵、驚くべきことにクレヨンだけで描かれているんです。 加藤休ミさん渾身のクレヨン画! 月刊ちいさなかがくのとも8月号 発行年: 2020年1月1日 出版社:福音館書店 仕様:ソフトカバー/23×20cm/24p 加藤休ミ(かとうやすみ) 1976年生まれ。北海道釧路市出身。クレヨンとクレパスを用いた独特の画法と迫力あるタッチで、食べ物のリアルでおいしそうな描写が得意。絵本、挿画、画文などで活動しながら、クレヨン画を追求する。 http://katoyasumi.exblog.jp