『ぼくがふえをふいたら』阿部海太
new

『ぼくがふえをふいたら』阿部海太

¥1,870 税込

送料についてはこちら

『ぼくがふえをふいたら』 作・絵:阿部海太 圧倒的な色彩とオノマトペのリズムに難しく考えずとも感じる絵本。本を閉じても音のうねりが体に残っているようです。動物たちがやってくる場面もいいですね。絵描きの阿部海太さん最新作。 《出版社の紹介文より》 フルーーフルーー……笛の音は風にのり、彼方にこだまして、眠るだれかをよびおこす。タタ、タタ、カチャ、ケチャ、ビーン、ビーン……!重なり広がり響きあい、音は喜びに満ちていく。圧倒的な画力とみずみずしい感性で絵本の新境地に挑む画家・阿部海太が描く、音楽のうまれる神秘的な瞬間。心地よい余韻がのこる絵本。 第26回日本絵本賞(2021年) 発行:岩波書店 2020年11月 第一刷 サイズ:B5版/40P 阿部海太 1986年生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業後ドイツへ、その後メキシコに渡る。2011年より、東京にて絵画や絵本の製作を開始。翌年、製作から販売までを一貫して行うアーティストとデザイナーによる本のインディペンデント・レーベル「Kite」を結成。Kiteから、自身のドローイング集や絵本も刊行されている。 http://kaita-abe.com/