『二番目の悪者』★庄野ナオコサイン本
5894406aa458c07129001004 5894406aa458c07129001004 5894406aa458c07129001004 5894406aa458c07129001004 5894406aa458c07129001004 5894406aa458c07129001004

『二番目の悪者』★庄野ナオコサイン本

¥1,540 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

二番目の悪者 作:林木林 絵:庄野ナホコ ★サイン本 2014年11月26日  第1刷発行 2015年9月11日  第2刷発行 発行:小さい書房 装丁:bookwall(松 昭教) サイズ:A5版/ハードカバー/64p ----- 金色のたてがみを持つ金ライオンは、一国の王になりたかった。自分こそが王にふさわしいと思っていた。ところが、街はずれに住む優しい銀のライオンが「次の王様候補」と噂に聞く。ある日、金のライオンはとんでもないことを始めた-―。 登場するのは動物ばかり。人間はひとりも出てきません。 けれど1ページ目はこの言葉から始まります。 「これが全て作り話だと言い切れるだろうか」 林 木林(はやし きりん) 詩人、絵本作家、作詞家。言葉遊びの分野でも活躍。詩集に『植星鉢』(土曜美術社)、絵本に『おおきなけやき』(絵・広野多珂子/鈴木出版)、『はやくちまちしょうてんがい はやくちはやあるきたいかい』(絵・内田かずひろ/偕成社)、『ふたごのたこたこウィンナー』(絵・西村敏雄/ひさかたチャイルド)ほか多数。 庄野 ナホコ(しょうの なおこ) イラストレーター。独特の画風が人気で、BRUTUSなど雑誌の表紙や、江國香織など人気作家作品の装画も手がける。自身初の絵本『ルッキオとフリフリ おおきなスイカ』(講談社)は、大好きな猫の物語。 ----出版社紹介文より